ルバイヤート
まえがき ここに訳出した『ルバイヤート』(四行詩)は、十九世紀のイギリス詩人フィツジェラルド Edward FitzGerald の名訳によって、欧米はもちろん、広く全世界にその名を知られるにいたった十一−十二世紀のペルシアの科学者、哲学者 …
作品に特徴的な語句
何処クークー よしみ きわみ たわ つき 一片ひとかけ 現象あらわれ ともしび げん しぼ あけ 人情こころ 法官ムフテイ こうべ おも おこな むな 王侯スルタン 掠取りゃくしゅ 心地ごこち そら 効果しるし ばと はい 瞬間とき 酒盃しゅはい くれない とく いと もと 耀かがよ 本質もと 新春ノールーズ よわい 初発はつ くち 唯一ゆいつ 囈言たわごと 燈火ともしび 演技わざ 酒甕さけがめ たえ 酒壺さかつぼ しゃく 体躯からだ 邪教じゃきょう そそ 道伴みちづ のが またが かたど たた にな 栄耀えよう 束縛きずな さら 田舎いなか よし 甲斐かい 異端いたん さかずき 仕業しわざ 相容あいい 知恵ちえ 礼堂マスジッド 今宵こよい はず ふし 節々ふしぶし かて 綽名あだな 美酒うまざけ うらや おきな そび 肺腑はいふ 若干じゃっかん 荒家あばらや 荒屋あばらや すみれ 葡萄ぶどう にわとり 野驢グール やみ