“荒家”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あばらや75.0%
ぼろうち25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“荒家”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > その他の東洋文学25.0%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
米友はでたようになって、かくれおかのわが荒家あばらやへ帰って来ると、戸棚に隠れていたお玉が出て、
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かくれおか尾上山おべやま)に近い荒家あばらやの中で、
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
家といったってどうせ荒家ぼろうちで、二間かそこいらの薄暗い中に、おやじもおふくろ小穢こぎたねえ恰好してくすぶってたに違いねえんだが……でも秋から先、ちょうど今ごろのような夜の永い晩だ、焼栗でもきながら、罪のねえ笑話をして夜を深かしたものだっけ、ね。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)