“ひっ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
81.7%
5.8%
3.8%
2.9%
1.9%
1.0%
1.0%
1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、細君であろ、十八九のつめにって筒袖娘々した婦人が居る。土間には、西洋種の瓢形南瓜や、馬鈴薯く積んである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
ゆえに私塾の教師は必ず行状よきものなり。もし然らずして教師みずから放蕩無頼を事とすることあらば、塾風たちまち破壊し、世間の軽侮をとることせり。
いらっしゃれば大概二週間位は遊興をお尽しなさって、その間は、常にそりしてる市中が大そうになるんです。
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
いわんや、人の魂気存して異形をあらわし、霊をなすこと、おのおの物に着するの情、するが故なり。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)
彼はまず現在の自分が許す限りの勇気をさげて、公案に向おうと決心した。それがいずれのところに彼を導びいて、どんな結果を彼の心に持ちすかは、彼自身といえども全く知らなかった。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と、いいかけて、ついた咽喉を、咳ばらいをして
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
明らかに彼は、何事か扉の彼方に、忌怖すべきことを意識しているらしい。がやがて、旗太郎は、顔面をビリリと怒張させて、醜い憎悪の相を現わした。そして、つれたような声を前方に投げた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
見ると、岩をけずって、数行の文字が小柄りのこされてある。それは、うたがう余地もなく、果心居士らしい枯淡せきで
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
左枝の、支える側から流れてゆく、跫音のみが高く、この一座はあまりにもそりとしていた。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)