“折助根性”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おりすけこんじょう50.0%
をりすけこんじよう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“折助根性”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
折助には渡り者が多い。もとは相当の素性すじょうであっても、渡って歩くうちに、すっかり折助根性おりすけこんじょうというものになってしまいます。
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
しかし、それはよい方のことばかりいつたので、奴氣質とはなにかと、字典を開くと、放埓、無頼の氣質、折助根性をりすけこんじようとある。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)