“祝女殿内”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ノロドノチ50.0%
ノロドンチ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“祝女殿内”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 宗教 > 宗教100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
巫女の家なる祝女殿内ノロドノチ、一族の本家なる根所ネドコロ殿トオン、拝所になつてゐる殿トオン、祭場ともいふべき神あしゃげ、皆火の神のない処はない。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
右のやうな殿もあり、又、祝女殿内ノロドンチ(ぬるどのち=ぬんどんち)の様に、祝女の住宅をす事もある。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
大抵御嶽オタケからは遠く、祝女殿内ノロドンチからは近い。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)