“抗抵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうてい66.7%
かうてい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抗抵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕の抗抵こうてい力を麻痺まひさせたのは、たしかに僕の性欲であった。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
実は理性のあらそいに、意志が容喙したと云うのは、主客を顛倒てんどうした話で、その理性の争というのは、あの目の磁石力に対する、無力なる抗抵こうていに過ぎなかったかも知れない。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
余は守る所を失はじと思ひて、おのれに敵するものには抗抵かうていすれども、友に對して否とはえ對へぬが常なり。
舞姫 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
PR