“抗弁”のいろいろな読み方と例文
旧字:抗辯
読み方(ふりがな)割合
こうべん83.3%
つっけえ16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抗弁”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
慶次郎は、さかしげな鼻の穴をつんと上へ向けた。そして叔父の意を解しかねるといった顔つきで抗弁こうべんした。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
目賀野は、その鞄と無関係であることを主張した。いわんや殺人事件などは思いもよらないと抗弁こうべんした。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
多「あんなに母様かゝさま抗弁つっけえごとをしては宜くねえわな」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)