“抗辯”のいろいろな読み方と例文
新字:抗弁
読み方(ふりがな)割合
かうべん66.7%
こうべん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“抗辯”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)5.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「さうだとも、くれえらげよこしたつて本當ほんたうにすりやえゝんだよ、なあ、らなんざあがつたさけだつてさうだにむべぢやなし」ばあさん抗辯かうべんするやうにいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かつ寺内内閣てらうちないかく議會ぎくわいで、藏原代議士くらはらだいぎし總理大臣そうりだいじんから「ゾーバラくん」とばれて承知しやうちせず、「これ寺内てらうちをジナイとぶがごとし」と抗辯かうべんして一ぜう紛議ふんぎかもしたことがあつた。
国語尊重 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
あいちやんもこれにはなんとも抗辯こうべんかねて、今度こんどほかことはじめました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)