“さから”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
71.8%
20.0%
3.6%
2.7%
抵抗0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は一度だけわれたことがあった。それはもう彼の末期に近い頃で、私の父が死病に罹って病勢がよほど進んでいる時のことだった。
マンは、青ざめた顔をしていたが、なに一つ、夫の言葉にわなかった。火の入った弓張提灯を持って、小走りに、出て行った。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
六月十六日に勝久が馬喰町の家元をうて、重ねて勝四郎のために請う所があったとき、勝三郎は涙を流してり、「小母さんはどこまでこの病人にう気ですか」
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
私は親にふのぢやない、阿父さんと一処に居るのをふのぢやないが、私は金貸などと云ふい家業が大嫌なのです。人をめてす——浅ましい家業です!
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
要するに世界の進歩の巨渦につて吾運命をくる事は、人力の為す可からざるところなるが故に、吾人は思想上に於てくも世界の大勢に駆らるゝ事ある時には
一種の攘夷思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)