“反抗心”の読み方と例文
読み方割合
はんこうしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世の中から迫害されて、不満な親が種々の勝負でウップンを晴らしている中で生れた子のことだから、こいつ反抗心の強いものになるかも知れぬ
親は眺めて考えている (新字新仮名) / 金森徳次郎(著)
まだ心の底に燃えつづけている道江への恋情、恭一に対する嫉妬、馬田に対する敵意、曽根少佐や西山教頭を通して感じた権力に対する反抗心、等々が
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
おけらは、ずかしくなりました。しかし、さまは、これがために、このに、反抗心こさせるようにはしなかった。そのかわりに、つつましやかな謙遜えられた。
おけらになった話 (新字新仮名) / 小川未明(著)