“勝男木”の読み方と例文
読み方割合
かつおぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたかも古城のそれのように、千木勝男木が立ててある。そうして屋根は妻入式であり、邸の四方に廻縁のある様子は、神明造りを想わせる。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その棺を山へきあげは土中へ埋め半は上より出す。棺の上には内地の神祠の勝男木の如きものを上げ置くなり云々。
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
板葺の、たっぷりとした妻入の家で、いずれも障子の立つ二階に手摺を付け、屋の棟には勝男木のなごりと見える単純な装飾が、道路に面した一端だけに一様についてある。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)