“縫糸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬいいと66.7%
ぬひいと33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おれ海へ行って孔石あないしをひろって来るよ。」とタネリがいましたらおっかさんは太い縫糸ぬいいとでぷつっと切ってそのきれはしをぺっといて云いました。
サガレンと八月 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
おれの生涯は敏慧で親切で寛容な夫人の優雅な言葉を縫糸ぬいいとにしてはじめて仕立てられた一領の衣である。おれにはそう思われて仕方がない。清新と自主と自由とが縫い目縫い目に現われている。
圓鋸機ゑんきよき帶形鋸機たいけいきよきのほとりには、角材かくざい鐵材てつざいやまごとく、其他そのほか空氣壓搾喞筒くうきあつさくぽんぷ電氣力發機等でんきりよくはつきとう緻密ちみつなる機械きかいより、銀鑞ぎんらう白鑞はくらう、タールづな、マニラづな縫糸ぬひいと撚糸よりいと金剛砂布こんがうしやふ黒鉛こくゑん氣發油きはつゆう白絞油はくかうゆう