“素綿入”の読み方と例文
読み方割合
すわたいれ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
全体は痩せて居て、縞目も判らぬ素綿入を着た肩は長い襟筋から両方に分れてだらりとつた見すぼらしいものである。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)