公判こうはん
これは某年某月某日、ある裁判所に起つた出来事である。 正面には裁判長が二人の陪席とともに衣冠を正して控へて居た。向つて左には検事、右には書記、判事席のうしろの窓下には三人の試補が背広服で見習の為め傍聴をして居る。冬の日の曇つた光は窓を通して …
作品に特徴的な語句
はを そね むかふ しまひ かこま ことは 歴然まざまざ 立会りつくわい おとづ きつ くぐま ぺえじ さが ひらい おのづか 花瓶くわへい しりぞ をし 気色きしよく うは 片付かたつ ぬすみ ただち かたり 上手じやうず 仮令たとへ はふ 攪乱かうらん 白癡ばか くう おこな 今夕こんゆふ あぶ 口説くどき どもり あて あへ くすぶ うづ おび 一人いちにん 三間さんげん 兇徒しれもの かんむり 吩付いひつ 小女こをんな 小汚こぎたな きつ 強情がうじやう しん 悒欝いううつ にく 憐愍れんみん 手釦てボタン つか 斟酌しんしやく 杞憂きいう 欝陶うつたう あま 着替きかへ いさゝ 躍気やくき 闖入ちんにふ 険相けんさう まる あらかじ 今日こんにち えん なかば つぶや 呼吸いき 喋喋てふてふ 土音どおん 外行よそゆき わか 忌忌いまいま 怠屈たいくつ ほしいまま 慇懃いんぎん 押石おもし こしら おきて 接木つぎき 摯悍しかん 染染しみじみ 檜葉ひば 欝憂うついう 気掛きがかり 海鼠なまこ よど つぶ 炬燵こたつ 矯直けうちよく 空咳からせき