“摯悍”の読み方と例文
読み方割合
しかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかもその弁護人が摯悍矯直にして裁判官を面責することを恐れざる放胆をめ示して置いたときである。
公判 (新字旧仮名) / 平出修(著)