“摯”の読み方と例文
読み方割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「楽師のがはじめて演奏した時にきいた関雎の終曲は、洋々として耳にみちあふれる感があったのだが——」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
楽長のは斉に去った。亜飯に去った。三飯のに去った。四飯のに去った。鼓師方叔は河内に逃げた。鼓師は漢に逃げた。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)