“紙衣”の読み方と例文
読み方割合
かみこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
反古はそばから紙衣や何かに使ってしまい、残っている物といえば、の草庵の壁やら襖紙った古反古があるぐらいでしかございませぬ
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、上人の俳画は勿論祖師でもでもないから、更に紙衣なんぞは着てゐない。皆この頃の寒空を知らないやうに、立派な表装を着用してゐる。
俳画展覧会を観て (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その時の私はさびしい紙衣姿であったろうが、それは家庭のこと、妓のこと、精神的不如意のためのアルコール中毒ゆえで、心境さえよくなったら
わが寄席青春録 (新字新仮名) / 正岡容(著)