“古反古”の読み方と例文
読み方割合
ふるほご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
反古はそばから紙衣や何かに使ってしまい、残っている物といえば、の草庵の壁やら襖紙った古反古があるぐらいでしかございませぬ
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「お、甚内か。……ついでに彼方の縁にある古反古をみんなこれへ運んで来て、燃やしてくれんか」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「縁側のほうへお廻りよ、少しばかり古反古を払いますから」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)