“反古紙”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほごがみ96.4%
ほごっかみ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれだけおおぜいの専門的な研究家が集まってよくもあれほどまでに無意味な反古紙のようなものをこしらえ上げうるものだという気がする。
昭和二年の二科会と美術院 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
ズル/\ツと扱出したは御納戸だかだか色気らぬになつた胴巻やうな取出しクツ/\とくとから反古紙んだました。
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
と思うと、いきなりこんなばかげた中傷だらけの反古紙をわしに背負い込ませる。ふふん、なるほどな、筆のうえじゃ君は勇気があるて。ところで、これがもしこの滑稽な手紙だけなら、まだいいさ。
トリスタン (新字新仮名) / パウル・トーマス・マン(著)