“大櫓”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおやぐら50.0%
おおろ25.0%
オホヤグラ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大櫓”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 歌舞伎4.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そういった帆村の両眼は、人家の屋根の上をつきぬいてニョッキリそびえたっている一つの消防派出所の大櫓おおやぐらにピンづけになっていた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
自分というものが無念無想にならない限り、「芸」の御本丸の大櫓おおやぐらを、究めることは難しかった。
寄席 (新字新仮名) / 正岡容(著)
帆のほか、両舷りょうげん大櫓おおろもある。水夫かこたちは、えいや声をらした。風がない。たよるのは櫓であった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此世の中に向けての遠慮は、たゞの役者でなく、大櫓オホヤグラ座元ザモトの後継者である彼の場合、もつと重く掛つて来た。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)