“くぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.6%
0.7%
莎草0.5%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
𤹪0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ここだ!」といって桂は先に立って、縄暖簾った。僕はびっくりして、しばしためらっていると中から「オイ君!」と呼んだ。
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しくもいたもかなしきこの淺夜月にふたつの星り入る
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
出津の野は莎草の芽し芹摘むとそこらここらを吾がかがみつつ
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鼠すなわち見えず、憎むべきの物を以てまた能く人のために患を防ぐは怪しむべしとあるを思い出で、もしさる事もやとげ見れば大いなる蜈蚣まりいたりければすなわち取りて捨てつ。
高く抽き出でた花はってまぼろしの雲と棚曳き魂魄を匂いの火気に溶かしている。林や竹藪の中にまる射干、春蘭のような花すら美しき遠つ世を夢みている。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
全身、蒼黒くなりその上、さらばう骨のみの皮膚にはうす紫のまで、漂い出した中年過ぎの男は嵩張ったうしろに背をめられ侏儒にして餓鬼のようである。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
雪深しみゐたればの月いで方となりにけるかな
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「兎は励みの心をして、……耳は高く𤹪せにして、目は大きく前の足短く、尻の穴は大きく開いて、東西南北求め歩けども、更に求め得たるものなし……」
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)