“かつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カツ
語句割合
23.5%
20.0%
14.8%
9.1%
5.9%
5.3%
3.8%
3.4%
2.9%
1.4%
1.2%
1.2%
1.0%
0.8%
0.8%
0.6%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
加津0.1%
可津0.1%
戞矢0.1%
欺弄0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その四人の侍が、長方形の箱をいでいる。と、その後から二人の侍が、一挺のめしい駕籠に付き添い、警護するように現われた。
十二神貝十郎手柄話 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いきなり隣の部屋——て姉娘のお茂世が行方不明になつた六疊の部屋から、親分の平次の籠つたやうな聲がするではありませんか。
てそこに松井源水が住んでいたというのをもって源水横町、その横町が「大風呂」という浴場をもっていたのをもって大風呂横町
雷門以北 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
谷から吹き上げる風は冷く強いにもらず、絶頂は不思議に風が当らない許りか、風呂場へ這入った時のように生温くさえ感じた。
親の代から長屋で成長し、現在では共同して辻駕籠いでいる銀太と金太という二人の若者は、中んずく斯様に公言しておった。
長屋天一坊 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
平次が一するのと、八五郎が跳びつくのと一緒でした。首筋を掴んで物蔭からズルズルと引出したのは、留守番に來てゐた傳助。
と、久しくえていた軽輩武士が、世上の動揺で、にわかに何事かでた金で、あらっぽい消費をする様を、まずにいられなかった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つくこをいでつて日向けてついてた。お勘次一寸なくつたのでしかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
赤い毛布ぎ、「カリメラ」の銅鍋や青いを考えながら雪の高原を歩いていたこどもと、「雪婆ンゴ」や雪狼雪童子とのものがたり。
と思って戦争をして負けて騒ぐのもその通り、負けたらこうして盛り返すという最後の策を定めなければうっかり戦争も出来ない訳だ。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
標準に拘泥することなかれ。手前勘の理想をぎまはることなかれ。嗜好にあやまたるゝことなかれ。演繹的なることなかれ。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
大佐とは面會したいが、櫻木海軍大佐とは無二親友で、また、には終世るゝ出來ない
その證拠にはときどき私がとしてむかつてゆくと彼は一騎打ちをしずにうまく逃げて遠巻きにひとを苦しめようとする。
銀の匙 (新字旧仮名) / 中勘助(著)
それからまたどんどんいきますと、今度はおおぜいの大男が、これも食べものにえて、たった一とかたまりのパンを奪い合って、恐ろしい大げんかをしていました。
黄金鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
くとも時雄の孤独なる生活はこれによって破られた。昔の恋人——今の細君。ては恋人には相違なかったが、今は時勢が移り変った。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
どんな無神経ものの眼にでも気がつかずにいない赤い三角形の蟇口はやすやすと細田氏の注視のとなり、氏のの下駄はと鳴って、三角形蟇口の前に止りました。
三角形の恐怖 (新字新仮名) / 海野十三(著)
もしこの超人にをいれて、彼をさますことができたとしたら、「超人X号」は、ここに始めてこの世に誕生するわけになる。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そんならくが好い。丁度ステーションのに何軒か普請中も有るから、煉瓦でも運んで居りや、ゑもしまい。たゞ酒だけはむんだぞ。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
汽車新橋昨夜九時半つて、今夕敦賀らうといふ、名古屋では正午だつたから、一折た。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
きょうはまぶしいほどに晴れた日で、わたしは雲雀の歌を聴きながら、乗馬靴に調子を取ってかつとあたる帯剣の音を聴きながら、牧場を乗りぬけて行きました。
それが出来ないなら、むしろ、「粗衣)をて玉をく」という生き方が好ましい。生涯孔子の番犬に終ろうとも、いささかのも無い。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
だがその前二年ってものは、馬鹿めが! あいつはえていやがったんだよ。奴は乞食をする、盗みはやる、人殺しをやる、おまけに飢死と来るんだからなあ!
すぐに病人れてゆけつてをぬかしやがる、此方もついとして呶鳴つてちやつたんですが…………
彼女こゝに眠る (旧字旧仮名) / 若杉鳥子(著)
玄徳は、鞏志を、武陵の太守に任じ、ここに三郡一の軍事もひとまず完遂したので、荊州に留守をしている関羽のところへもその由を報らせて、歓びをわけてやった。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こいつは、やっぱりがれたかなと思って、首を引込めると、ムクが勢いよく外へ飛び出しました。ムクがこっちから飛び出すと一緒に、向うの木蔭から蛇の目の傘が一つ出て来ました。
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
えて四十につてもといふのがであつた。村落ではそれをらぬはない。惡戯好博勞勘次を、だえといた。いたのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「てめえが、弟でか。覚えとけ、おれのつらを。ここへ入ッたからにゃ、蝎も蛇も、のさばらしちゃおかねえぞ。おい牢番」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……ええと、なんだって、両頭蛇の解珍と、双尾蝎の解宝だと。蛇が兄きで、が弟か」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
字引を見ると、の字はもと家をうる材木の意味であり、したがって人の場合には重荷をってえる意を含ませてあるとくが、これはいわゆる勝つ所以を最もよく表したものと思う。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
いわゆる強さの形が変化するというは、の字について前の「説文」にいえるがごとく、重荷をうて堪えること、すなわち辛苦艱難に堪える、耐忍の力あることをもってその強さが計られる。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「どうれ、つて牛蒡でもえべえ、明日天秤棒いで支障にならあ」剽輕相手したやうにいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「どうせ、おめえやうに紺屋弟子てえな手足牛蒡でもいでくのにや丁度よかんべ」復讎でも仕得たやうな容子さんはいつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
例せばシフノス島には毒蛇あり、ケオス島に、アンチパロス島には蜥蜴のみありて全く蛇なし(ベントの『シクラデス』九〇頁)。
また火を以てを取り囲むにその毒尾のを曲げて脊を衝いて死する事もあるが、これらは狂人が自身を咬むと等しく、決して企ててする自殺でなくまた毒分が自身を害するでもないから
寮といっているが、この十年来、メートレスの役をしている、加津という女にやらせている待合を、便宜的な名義で保持しているので、そのことは柚子もうすうす知っているらしかった。
春雪 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
昭和十何年かの京都の知恩院の大茶会に、鴻池可津子がたった一度だけ着たというあれの連れなの。
姦(かしまし) (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
腕におぼえの直江志津を抜き放ち、眼の前なる青竹の矢来を戞矢々々と斬り払ひて警固のたゞ中に躍り込み
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
白鷹氏は故意と、あんなに冷厳な態度をって後輩の田舎者である俺を欺弄いでおられるかも知れない。アトで大いに笑おうと言う心算なのかも知れない。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ぎ姫、「歸依」の掬むなる
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
、『歸依』のむなる
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
それなら何故俺の始末をしなかったろう? 此処は明放しのとした処、見えぬことはない筈。それに此処でこうして転がっているのは俺ばかりでもあるまい。敵の射撃はの通り猛烈だったからな。
諸葛という姓は初めは「」という一字姓だったかも知れない。諸国を通じての漢人中にも、二字姓は至ってまれである。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかしじっと耳を澄ますと、と金と触れ合う音、そうかと思うと岩にぶつかる、大濤のような物音が、ある時は地の下から、またある時は空の上から、かではあったけれど聞こえて来た。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
引捻れた四角な口を、額までと開けて、猪首附元までめる、と見ると、仰状大欠伸。余り度外れなのに、自分から吃驚して
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
猟人は、その無邪気鸚鵡可憐そうにつてないでつれてかへつて可愛がつててやりました。
私はその時二分金で百両か百五十両て居たから、この金をりで持て居ても策でない、イザとえば誰が何処にどう行くか分らない、金があればえることはないから
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
若しての文学者兵役従事せしめば常備軍三倍して強兵がるべく、ての文学者支払原稿料れば一万甲鉄艦何艘かをるにるべく
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)