“カツ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:かつ
語句割合
23.1%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな小な事件が起つて、注意を促してすら、そこに、しい福田と、寺のめられたを、思ひ出す者もなかつた程、それは/\、微かな遠い昔であつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
をとめの閨戸をおとなふは、何も、珍しげのない国中の為来りであつた。だが其にも、てはさうした風の、一切行はれて居なかつたことを、主張する村々があつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「そんなら、という字を入れたらええのに」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
「——安禅必ズシモ山水ヲズ。心頭滅却スレバ火モラ涼シ。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とした感情が、不思議に思はれた位に間もなく、くすぶつた。「もう憤る活気もないのか!」そんなことを思ふと、もう少しで笑ひ出すところだつた。
眠い一日 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
つまり木材の部分を、戛、戛ツと拍子をとつて三辺打ち叩くのである。
バラルダ物語 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
そういう瞬間に会わないと、の入らないような心で、作家たちさえも生きて来ていて、そういう瞬間の自覚を人間性の覚醒、生の覚醒という風に感傷するのね。
軍井ダ達セズ、将ハズ。軍幕未ダゼズ、将ムヲ曰ハズ、軍未ダガズ、将飢ヱヲ曰ハズ、冬、ヲ暖ニセズ、夏、ラズ、雨ニヲ張ラズ。是ヲ、将ノ礼トイフ。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東京などで祭礼の日にぎ出す万燈の中には、簡単な御幣を竿頭に附けたものもあるが、是亦所謂御祖師花の類を繖状に放射させたのが正しい元の形式であつたらう。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
語尾にとついているのが瑞典語、おなじく何なにとあるのが、芬蘭土語で、地図も看板もそのとおりだから、旅行者はすくなからず魔誤々々してしまう。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
此等の燈籠が我々の軒端に移つたのも其後の事であらう。踊りにぐ花笠も、依代の本意を忘れて、めい/\に被いだまゝで、自然導かるべき問題は、切明の神事と盆踊りとの関係である。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)