雷門以北かみなりもんいほく
……浅草で、お前の、最も親愛な、最も馴染のふかいところはどこだときかれれば広小路の近所とこたえる外はない。なぜならそこはわたしの生れ在所である。明治二十二年田原町で生れ、大正三年、二十六の十月までそこに住みつづけたわたしである。子供の時分み …
作品に特徴的な語句
所以せい つた ざつ ぱり たん 宛然えんぜん 柔和おとな きたな おこ くう あらわ おわ なか かつ 梯子ばしご 総々そうぞう あた 薄汚うすよご 蘇生よみがえ いい ただ はるか 風色けしき 飲食のみくい 亜鈴あれい たこ 凱旋がいせん 出外ではず 劫火ごうか かわや ほか 定紋じょうもん 定連じょうれん 寄席よせ もっと 尨大ぼうだい 尨躯ぼうく 岩畳がんじょう 帰趨きすう くるわ 張子はりこ 御者ぎょしゃ たちま 怒濤どとう 恥辱ちじょく 恰好かっこう 所詮しょせん らっ 提灯ちょうちん 撥屋ばちや よう 放免ほうめん 料簡りょうけん 昨日きのう 時雨しぐれ 暖簾のれん きね 果敢はか 梅雨つゆ くし 欄干らんかん 歯黒はぐろ 浪花なにわ 湯滝ゆだき よど 灯籠とうろう 煉瓦れんが すす 狂爛きょうらん 狛犬こまいぬ 瓦解がかい 界隈かいわい 畢竟ひっきょう 疳高かんだか 相撲すもう 睡蓮すいれん またた 破風はふ ほこら 稗蒔ひえまき ざる 箪笥たんす 粉木こぎ あら 累々るいるい 緒締おじめ 羊羹ようかん 聚楽じゅらく そむ 膚浅ふせん 葭簀よしず あおい