“仰状”の読み方と例文
読み方割合
のけざま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引捻れた四角な口を、額までと開けて、猪首附元までめる、と見ると、仰状大欠伸。余り度外れなのに、自分から吃驚して
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
西瓜は投げぬが、がつくり動いて、ベツカツコ、と目をく拍子に、前へのめらうとした黒人の其の土人形が、余つて、どたりと仰状
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
西瓜げぬが、がつくりいて、ベツカツコ、と拍子に、へのめらうとした黒人土人形が、勢餘つて、どたりと仰状
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)