へび
明け易い夏の夜に、なんだってこんなそうぞうしい家に泊り合わせたことかと思って、己はうるさく頬のあたりに飛んで来る蚊を逐いながら、二間の縁側から、せせこましく石を据えて、いろいろな木を植え込んである奥の小庭を、ぼんやり眺めている。 座布団の傍 …
作品に特徴的な語句
おっし そむ はた 千足ちたる かえっ のど 翌朝よくちょう 請待しょうたい つらな かみ なみ かたわら 問屋といや さい おれ しん うけたまわ 揶揄からか つか びく 穿うが とよ 難有ありがと 一寸ちょっと 一疋いっぴき 一通ひととお 一間ひとま 下々しもじも 不躾ぶしつけ 乞食こじき 仏名ぶつみょう 仰附おおせつ 位牌いはい てい 何等なんら 俯向うつむ せがれ そば 初産ういざん 刺戟しげき 力草ちからぐさ なか 勿論もちろん ひる いや 吹聴ふいちょう 嘉言かげん うわさ ささや 基督キリスト 夕飯ゆうめし やつ ねた 媒人なこうど うれ 容易たやす もっと 岩魚いわな 差支さしつかえ 床縁とこべり かど いたず 微笑ほほえ 思召おぼしめ 恰好かっこう 惑溺わくでき うった 戸前とまえ 手尖てさき 打遣うっちゃ 挨拶あいさつ つか 新仏しんぼとけ 早言はやこと 暖簾のれん しばら 栖家すみか 棲家すみか ひのき 此度このたび 為方しかた 為来しきた けむり 狂人きちがい 独逸ドイツ 疎々うとうと まゆ 眩暈めまい 禿 種子たね