“豊醇”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうじゅん66.7%
ほうじゆん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“豊醇”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教20.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
善鸞 (杯を手に持ちて)このなみなみとあふれるように盛りあがった黄金色こがねいろの液体の豊醇ほうじゅんなことはどうだろう。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
要するに、小六の殺伐さつばつなる刃物は、お延をつないでいる強い鎖であり、お延のもつ豊醇ほうじゅんな年増美は、男をとろかす毒液であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
熱帯地方には、色々な果樹が繁生はんせいし、この果物の豊醇ほうじゆんな味覚は、熱帯に生活するものにとつては、何よりも強い魅惑である。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)