“きゅうび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
九尾75.0%
鳩尾25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そいつは変だ、俺のところへ来たのは、九尾きゅうびの狐が化けたような、凄い年増だ。——何か、恐ろしい行違いがあるに違いない」
すなわ鄭子ていし九尾きゅうびきつねいて愛憐あいれんするがごとくなるを致す。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
手品師はせんずるに半ば死したる小六の身のそのうつくしくつややかなりし鳩尾きゅうび一斤の肉を買いしなり。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鳩尾きゅうびや、乳のあいや。」
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)