“刹利”の読み方と例文
読み方割合
せつり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かつて「聞くく奈落の底に沈みなば刹利首陀も異ならざるなり」と詠みたまいしを空海がかく悟りてこそ「如来位までは成り登るなり」と讃めまいらせたなどを
をたださば、こは刹利
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
今使去るを見て瓦師にえらく、我を終身こんな貧家に留め、糠滓を食わせ、土を負わすべからず、わが本分は灌頂位を受けて百枚の金蓋その身を刹利大王をこそ負うべけれ、我食時には