“平城”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひらじろ80.0%
なら6.7%
へいじょう6.7%
へいせい6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここは平城ひらじろ、しかも小城こじろ、またどうせ落ちる城。おれと共に死んでも、あまり死に花は咲かないぞ。……逃げたい者は落ちてゆくがいい。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大伴家持が紀女郎きのいらつめに贈ったもので、家持はいまだ整わない新都の久邇くに京にいて、平城ならにいた女郎に贈ったものである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
佐紀宮は現在の生駒郡平城へいじょう村、都跡みあと村、伏見村あたりで、長皇子の宮のあったところであろう。志貴皇子の宮は高円たかまとにあった。高野原は佐紀宮の近くの高地であっただろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
でも、彼の心のふさぎのむしは痕を潜めて、唯、まるで今歩いてゐるのが、大日本おほやまと平城へいせい京でなく、大唐だいとうの長安の大道でゞもある様な錯覚が押へきれない。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)