“金輪奈落”の読み方と例文
読み方割合
こんりんならく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「云わしておけば無礼な奴、おらぬといったら金輪奈落一角はいない。足もとの明るいうちに帰れ帰れ」
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
冒頭に置いての責道具ハテわけもない濡衣椀の白魚もむしって食うそれがしたりとも骨湯は頂かぬと往時権現様得意の逃支度冗談ではござりませぬとその夜冬吉が金輪奈落の底尽きぬ腹立ちただいまと小露が座敷戻りの挨拶長坂橋張飛睨んだばかりの勢いに小露は顫え上りそれから明けても三国割拠お互いに気まずく笑い声は
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)