日本三文オペラにほんさんもんオペラ
白い雲。ぽつかり広告軽気球が二つ三つ空中に浮いてゐる。——東京の高層な石造建築の角度のうちに見られて、これらが陽の工合でキラキラと銀鼠色に光つてゐる有様は、近代的な都市風景だと人は云つてゐる。よろしい。我々はその「天勝大奇術」又は「何々カフ …
作品に特徴的な語句
かかは 饒舌ぜうぜつ しはが しやう 狼狽らうばい 誘拐いうかい はな しぼ 如何どう 顛倒てんたう 蒼白あをじろ かう まざ 蹶起けつき 馘首くわくしゆ すけ あが しな おびや おそ 虐待ぎやくたい 放埒はうらつ 相殺さうさい 搾取さくしゆ こまね 田舎ゐなか 対峙たいぢ 所謂いはゆる 性悪しやうわる もつと 嬌声けうせい がき 嗚咽をえつ 哄笑こうせう 冗談じようだん をか 馴染なじ 莫迦ばか 表方おもてかた 焜炉こんろ ふすま ゆる すべ むく 鍋釜なべかま 階下した 雀斑そばかす ふさ 麦稈むぎわら かび 担保たんぽ 乃至ないし あらかじ また 他処よそ 口説くど つかさど 呶鳴どな 咽喉のど やかま 女漁をんなあさ 寄席よせ 尿瓶しびん ふく なぐ 晦日みそか 朴歯ほおば 板場いたば 気障きざ きず 皺嗄しわが またた 神楽かぐら かす ふけ もろ