月と手袋つきとてぶくろ
*作中、ディクスン・カー著『皇帝のかぎ煙草入れ』のトリックに言及されています。未読の方はご注意ください。 シナリオ・ライター北村克彦は、股野重郎を訪ねるために、その門前に近づいていた。 東の空に、工場の建物の黒い影の上に、化けもののような巨 …
作品に特徴的な語句
情死じょうし づら 一寸いっすん 猶更なおさ ただ おだ たい たく かつ あたた なめら ほと 死相しそう 演戯えんぎ だて だな こん つか たば たたみ こまね せい 把手とって 紙幣しへい 胴忘どわす こわ たび ゆか まわ 尾行びこう たず しょう 外光がいこう ついや にわとり 上気じょうき 鮮明せんめい よい 今日きょう 仕合しあわ 金色きんいろ 顧客こきゃく にわ すべ 唾液だえき くび 鼠色ねずみいろ ひげ 火掻ひか はげ 駆逐くちく せん 煙突えんとつ まないた かざ 牢屋ろうや 牢獄ろうごく 狂躁きょうそう 飛来ひらい 猟師りょうし 猥談わいだん かえり 猿轡さるぐつわ びん 生垣いけがき 用箋ようせん 由緒ゆいしょ 甲高かんだか 申訳もうしわけ 男爵だんしゃく 畏敬いけい 痛烈つうれつ 痛痒つうよう 皆無かいむ 皎々こうこう 顕著けんちょ 直伝じきでん まゆ 真似まね あご かせ ひたい のぞ 野蛮やばん 訴訟そしょう 金儲かねもう 観音かんのん 鋳物いもの かぎ 覆面ふくめん はさみ