“駆逐”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くちく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“駆逐”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 海洋学20.0%
哲学 > 東洋思想 > 先秦思想・諸子百家20.0%
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
荒木村重が初めて信長に随身したのは、二条のたちを攻撃して旧将軍義昭よしあき駆逐くちくしたあの時からであった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴方は、あの愛蘭土アイルランドの傑僧がデシル法——(註)に似た行列を行うと、それがドルイド呪僧を駆逐くちくして
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)