壇ノ浦の鬼火だんのうらのおにび
天下の勢力を一門にあつめて、いばっていた平家も、とうとう源氏のためにほろぼされて、安徳天皇を奉じて、壇ノ浦のもくずときえてからというもの、この壇ノ浦いったいには、いろいろのふしぎなことがおこり、奇怪な …
作品に特徴的な語句
勇気ゆうき 戦争せんそう 平家へいけ 闇夜やみよ 時刻じこく 名人めいじん 経文きょうもん 気味悪きみわる 案内あんない すみ とく 足音あしおと だん 用事ようじ 海岸かいがん 亡者もうじゃ 同情どうじょう 縦横じゅうおう 大浪おおなみ 源氏げんじ 不自由ふじゆう 鬼火おにび 一心いっしん 墓場はかば 指先ゆびさき せい 貧乏びんぼう 戦場せんじょう さっ 天下てんか 以上いじょう 危険きけん 水底すいてい 鉄棒てつぼう 意外いがい はか 感服かんぷく 無念むねん さい 勢力せいりょく 山門さんもん 裏門うらもん 沈黙ちんもく 滞在たいざい 両足りょうあし 広間ひろま 師匠ししょう 物語ものがたり 悪霊あくりょう 奇怪きかい 谷川たにがわ ぎん 合戦かっせん 当時とうじ 召使めしつか 万一まんいち 手落てお げい 無礼ぶれい 裏庭うらにわ 法師ほうし 大広間おおひろま 寺男てらおとこ 主君しゅくん 高貴こうき 法事ほうじ 案内者あんないしゃ 軍船ぐんせん 名手めいしゅ 甲胄かっちゅう 老女ろうじょ 芸道げいどう