“つかいて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
使手33.3%
名手33.3%
遣手33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「成る程、そういう事情があるかもしれぬ。対手は、宮本武蔵の忰八五郎だというが、これは使手つかいてで御座ろうか」
寛永武道鑑 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
消えうせた十三人の腰元のうち七人は、ひと口に『那智衆なちしゅう』といわれる新那智流の小太刀の名手つかいて
神変夢想流門下の遣手つかいて諏訪栄三郎が小の坤竜丸こんりゅうまるはいして江戸市中に左膳を物色し、いくたの剣渦乱闘をへたのち——乾雲はおさよが、坤竜はお藤が、ともにこっそり盗み出して、ここに二刀ところを一にするかと見えたのも一瞬
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)