“遣手:つかいて” の例文
“遣手:つかいて”を含む作品の著者(上位)作品数
林不忘1
“遣手:つかいて”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
神変夢想流門下の遣手つかいて諏訪栄三郎が小の坤竜丸こんりゅうまるはいして江戸市中に左膳を物色し、いくたの剣渦乱闘をへたのち——乾雲はおさよが、坤竜はお藤が、ともにこっそり盗み出して、ここに二刀ところを一にするかと見えたのも一瞬
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)