“大膳亮”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいぜんのすけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大膳亮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主君相馬大膳亮だいぜんのすけのために剣狂丹下左膳が、正当の所有主もちぬし小野塚鉄斎をたおして、大の乾雲丸けんうんまるを持ち出して以来
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
尚又謀叛に組したかど遠流おんるに処せられた人々は、延寿院玄朔、紹巴法眼、荒木安志、木下大膳亮だいぜんのすけ等であったが、それについて太閤記は云う
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)