“隠岐守”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おきのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“隠岐守”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まして名生の城は木村の家来の川村隠岐守おきのかみが守って居たのを旧柳沢の城主柳沢隆綱が攻取って拠って居たのである。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
一益は驚いて、調べさせていると、飯尾隠岐守おきのかみと下方左近将監しょうげんのふたりが、陣地から伝令をよこして、
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)