“大膳大夫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいぜんだゆう33.3%
だいぜんのたいふ33.3%
だいぜんのだいぶ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大膳大夫”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
以前の長州藩松平大膳大夫だいぜんだゆうはここでは山口藩毛利従三位もうりじゅさんみであり、前将軍家は、シの部の筆頭に静岡藩、駿河するが七十万石徳川従三位とあるのがそれだ。
武鑑譜 (新字新仮名) / 服部之総(著)
参府さんぷの折も、松平大膳大夫だいぜんのだいぶの領内防州小郡ぼうしゅうおごおりみなとから上陸し萩城を一覧する所存で、一の坂を越え