“椎名”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しいな66.7%
しひな33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“椎名”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
討手の大将は椎名しいな金之丞と云って、情を知らぬ武士であったが、手向いもしない郷左衛門を高手小手に縛めると磔柱へ縛り付けた。
郷介法師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
駒は石神堂をあとにして椎名しいな方面へ一散に走り出してゆく。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「八、驚くなよ——向うから御目付の椎名しひな近江守樣が見えるぢやないか。かうなれば一かバチかだ」
だが、このまゝ御仕置きを受けては、御先祖樣へも御不孝——何んとか言ひ解くすべもあらうかと、押して御目付に訴訟申上げたところ、それでは再應の御取調べを致さうといふこととなり、本日未刻ひつじのこく(二時)頃、御目付椎名しひな近江守樣直々に御檢分のことと相成つた。