“しひな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
椎名20.0%
20.0%
空殻20.0%
空穀20.0%
粃實20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「八、驚くなよ——向うから御目付の椎名しひな近江守樣が見えるぢやないか。かうなれば一かバチかだ」
だが、このまゝ御仕置きを受けては、御先祖樣へも御不孝——何んとか言ひ解くすべもあらうかと、押して御目付に訴訟申上げたところ、それでは再應の御取調べを致さうといふこととなり、本日未刻ひつじのこく(二時)頃、御目付椎名しひな近江守樣直々に御檢分のことと相成つた。
そのしひなたるとその粟たると、わが知るところにあらず。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)
丁度其女房が箕を振る度に、空殻しひなほこりが舞揚つて、人々は黄色い烟を浴びるやうに見えた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
空穀しひなが有るねえ。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)