“きは”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キハ
語句割合
42.4%
28.3%
9.6%
5.6%
気恥5.1%
2.5%
1.5%
1.0%
0.5%
分際0.5%
0.5%
奇葩0.5%
帰巴0.5%
0.5%
気耻0.5%
黄葉0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
居室つてると、ちやんと整頓る。書物やら反古やら亂雜まつてたのが、各々かにる。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
我が生ける間の「明」よりも、今ま死するの「薄闇」は我に取りてありがたし。暗黒! 暗黒! 我が行くところはり知らず。
我牢獄 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
人性に具備せる恋愛の如き、同情の如き、慈憐の如き、別して涙の如きもの、深く其至粋をめたるものをして造化の妙微に驚歎せしめざるはなし。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
め其夜兩國橋へ行きに身をんとたりし小提灯を持ちたる男馳寄てヤレれよと吉之助をめるに否々是非死なねばならぬ事あり此所してと云ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そして、ただ自分野暮がうらめしく、しく、気恥ずかしくなって、いためをつくのでした。
しいたげられた天才 (新字新仮名) / 小川未明(著)
併しこの時は、門の扉は固く鎖してあり、稔麿は入ることが出来ない。その身は重傷であり、遂に進退まつて、門外に自決したのである。この時、年齢二十四であつた。
アブラハムが天幕を張りしベテルの跡なるべしと云ふ所をはじめとして、道の左右は遠き山の、近き谷の、到る処に旧約の古蹟と十字軍時代の建物の名残あり。
黒髪バラリと振り掛かれる、に血走る双眼、日の如く輝き、朱唇白くなるまでめたる梅子の、心めて見上たる美しさ、きばかり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
汝のければわが良心は我の直く立つを責めたり。 一三〇—一三二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それ彼等には死の望みなし、その失明の生はいと卑しく、いかなる分際といへどもその嫉みをうけざるなし 四六—四八
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
寂しきに泣かんより
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
山嶽の偉大なるもの相比肩して互に馳せ互に没するは中国の奇葩、東北の山脉はしからず、寧ろ広大なる丘陵の原野を走るが如き観をなせり。
政府筋の有力な連中の多いパリーの彼女の騎士たちからも、さかんに帰巴するようにと勧めてきている。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
愕然してるやう也しがに道なく、とても命のなりも神仏にまかすべしと覚悟をきはめ、いかに熊どのとりに来り谷へたるもの也、には道がなくには物がなし
代助は、この女にこんな気耻ずかしい思いをさせる、平岡の今の境遇を、甚だ気の毒に思った。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ひら/\と黄葉がちる
秋の小曲 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)