“静脈”のいろいろな読み方と例文
旧字:靜脈
読み方割合
じょうみゃく75.0%
じやうみやく16.7%
せいみやく8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉はないけれども骨太の上に静脈じょうみゃくのグリグリしている、男性的にせた高夏の手が、酒のせいか重い物をじっと持ちこたえている時のようにふるえていた。
蓼喰う虫 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
ものを食うたびに薄く静脈じょうみゃくのすいてみえているコメカミが、そこだけ生きているようにビクビク動いた。
雪の夜 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
そう云えば病的な気がするくらい、米噛こめかみにも静脈じょうみゃくが浮き出している。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
と同時に、かれのひたいの静脈じょうみゃくは、力演のためにふくれあがっているのだった。
赤い方は、きれいな血がとおる動脈どうみゃく、青い方は静脈じょうみゃくだ。
三十年後の東京 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その上ほのかに静脈じやうみやくの浮いた、華奢きやしや顳顬こめかみのあたりには薄い汗さへも光つてゐる。
わが散文詩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
年わかき内科医きみは日ごと来てわが静脈じやうみやくくすり入れゆく
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
つもつた雪も其処そこだけ解けずにあるから、盛上つて痩せた人の静脈せいみやくの様である。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)