“えだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:エダ
語句割合
94.4%
1.7%
1.0%
岐路0.7%
0.7%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
餌断0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ジョバンニは、せわしくいろいろのことを考えながら、さまざまのや木ので、すっかりきれいにられた街を通って行きました。
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「みずくさ」という木の赤いに、米の粉をまるめての形をつくる。それを神棚に飾りつける。養蚕の前祝だという。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
このとき、これを、ていたからすが、アホー、アホー、といっていたのであります。
五銭のあたま (新字新仮名) / 小川未明(著)
さうですな、山道で岐路が多いから矢張り案内がるでしやう、宅の
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
彼方此方にむらむらと立老松奇檜は、を交じえ葉を折重ねて鬱蒼としても深く、観る者の心までがく染りそうなに引替え、桜杏桃李雑木は、老木稚木も押なべて一様に枯葉勝な立姿
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
小流れは谷窪からく自然の水で、復一のような金魚飼育商にとっては、第一に稼業りどころにもなるものだった。その水をにひいて、七つ八つの金魚池があった。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
またてて、茨田の堤と茨田の三宅とを作り、また丸邇の池依網の池を作り、また難波の堀江を掘りて、海に通はし、また小椅の江を掘り、また墨江の津を定めたまひき。
『三州志』などを見ると、加州藩では他の諸国で出村分郷枝村といい、越前でなどといっていた小部落を垣内と公称し、何郷何箇村及び垣内幾箇処などと録している。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
◯十三節に「その蝕壊らる、すなわち死の初子これが肢を蝕壊るなり」とあるを見れば、この悪人必滅の主張がかにヨブを指したものであること確実である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
何としたことか、その前夜から朝にかけては、猛獣部隊の猛獣が、終夜空を望んで咆哮していた。聞けば、戦に臨む前は一切餌断ちをして、猛獣群の腹をしておくのだとある。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)