“桜杏桃李”の読み方と例文
読み方割合
おうきょうとうり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼方此方にむらむらと立老松奇檜は、を交じえ葉を折重ねて鬱蒼としても深く、観る者の心までがく染りそうなに引替え、桜杏桃李雑木は、老木稚木も押なべて一様に枯葉勝な立姿
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)