“帝座”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ていざ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“帝座”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 戯曲16.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あれこそは此世このよ名譽めいよといふ名譽めいよが、った一人ほとり王樣わうさまとなって、すわ帝座ていざぢゃ。
最後に穂先を逆に返して帝座ていざの真中を貫けとばかりげ上げた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)