“唇鳴”の読み方と例文
読み方割合
くちな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
でもするような舌打ちして、後も見ずに、枯れ木の間を縫い去ってゆく。智深は彼の「……べっ」とを吐いた唇鳴らしが気にくわなかった。一跳足に追いすがって、錫杖を横構えに。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)