“唇辺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くちもと50.0%
くちびる33.3%
くちびるへん16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
緑雨は恐らく最後のシャレの吐きえをしたのを満足して、眼と唇辺に会心の“Sneer”をべて苔下にニヤリと脂下ったろう。
斎藤緑雨 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
頭巾黒く、外套黒く、ひ、身躰を包みて、長靴を穿ちたるが、を動かして、とその感謝状に眼を注ぎつ。かなる一脈の煙は唇辺めて渦巻きつつ葉巻高かりけり。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
変に、女房らしいことを云い出されて、前川は思わず、クスリと、唇辺に笑いを浮べて
貞操問答 (新字新仮名) / 菊池寛(著)