“唇許”の読み方と例文
読み方割合
くちもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
色のやや浅黒いほそおもての顔に、憂いを含んだような切れ長の細い眼と、やはり薄くて小さな唇許が、娘のおしのでさえれぼれするほどの、際立った魅力をもっていた。
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
官兵衛はその生命がけな気持を、にもこめて、秀吉の唇許を見つめた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……かれはいま唇許に微笑さえうかべながら、ゆっくりと五人のうしろへ近づいていった。
新潮記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)